指差し注文。

DSC_0532

結局通じないから諦めて調理場に入り、お肉を指差して「だめ」、もやしやニンジンや青菜を指して「オーケー」、麺を指して「オーケー」と、YMCAのダンスをしているように大きくジェスチャーをしてお昼ごはんを頼んだ。ちゅるちゅると食べていたら、お母さんみたいな人がのしのし歩いてきて、わたしから箸を取り上げ、どんぶりの中身をひっくり返すように混ぜて「ほら」と箸を戻した。周りの人も気になってわたしのテーブルの前を歩いては、水とかトイレットペーパーとか手渡してきた。わたしは水を飲み鼻をかみ口を拭いながら、この辛いヌードルを食べ、そしてバスに乗って次の町へと向かった。


give me your comments! i would love hearing from you!