雪積もる町、雪積もる山。そして私は、

20140209_950522

雪は天からの手紙である。

以前、住んでみたいなと思って金沢へあっという間に引っ越してしまったことがあった。初めて迎えた冬に、それまでの人生で見たこともないほどの大雪が、寝ても覚めても、しんしんこんこん降り積もっていくのをを見た。毎朝玄関のドアを開けるたびに、凍るような寒さと、出かける前の重労働(車まで足をズボズボ雪に埋めながら歩いて行き、雪掻きをして、車にエンジンをかけ、凍ったフロントガラスにヤカンで沸かしたお湯をかけて溶かす)を考えてウンザリしていた。そんな私が近年は、冬になると雪山を歩いてみようかしらと、ほんの少しだけ気持ちが揺れる。ほんの少しだけ。スノーボードもスキーもやらず、雪と戯れることを知らないまま冬の金沢へ丸腰で突入し見事にカクッと打ちのめされ翌年東京へひらひら戻ってきてしまった私が、雪山にほんの少しだけ気持ちが傾くのは、たぶん、人生まだまだ「あっ」と驚く景色を見てみたいというのと、できるものならもっともっとフィールドを広げたいからだ。今日東京に雪が降った。積もることもなく雨に変わってしまった。私は台所で想像の雪の森を作った。

20140829_1159563

dsc_13141

dsc_13071


give me your comments! i would love hearing from you!